< !--コンテナここから-->

スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン('15.12.16~'16.1.27)

スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン(B)

'15年12月16日

DSC_0143 (360x542)

DSC_0142 (542x360)

DSC_0139 (542x360)

秋の花の最後かな?と思っていたら・・・

'16年1月7日

DSC_0165 (542x360)

一つだけ残っていた蕾が開花していた。

DSC_0167 (542x360)

DSC_0171 (542x360)

マルメゾン自身の葉はあまり残っておらず、
隣のアリスター・ステラ・グレイの葉に包まれるように咲いていた。

1月13日

DSC_0042 (542x360)

1月21日

DSC_0051 (542x360)

1月27日

DSC_0209 (542x360)

開き始めて20日あまり、、、ずっと同じような状態を保っていたが、、、

DSC_0027 (542x360)

DSC_0034 (542x360)

DSC_0037 (542x360)

2月4日現在、ドライフラワー化しつつあり。
スポンサーサイト

4月初めの庭(2)

4月2日

この時期、ティーやチャイナの紅葉が目立っている庭に、
昨年秋に地植えしたばかりのブルボン系3株も、小さいながらも綺麗な緑葉が展開してきた。

DSC_0140 (542x360)

マダム・アルフレッド・ドゥ・ルージュモン(B)

DSC_0141 (542x360)

ルイズ・ダルザン(B)

DSC_0142 (542x360)

パヴィヨン・ドゥ・ブレイニー(B)

DSC_0143 (542x360)

パヴィヨン・ドゥ・ブレイニーとアリアンス・フランコ・リュス(T)
ブルボンは丸い葉が可愛らしい。

DSC_0107 (542x360)

紫燕飛舞(B)

DSC_0131 (542x360)

マリー・デルマー(B)

と、ここまでは、順調に葉が展開してきて、楽しみなのだが、

DSC_0116 (542x360)

スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン(B)
毎年、ウドンコがつきもののマルメゾンだが、この時期からこんなに酷いのは、初めてかも。
いつも自力で復活しているが、春の花は無理かな?

パヴィヨン・ドゥ・プレイニー

Pavillon de Pregny (B)

昨年秋に届いた苗。
地植えしようと思いつつも、時期を逸し、鉢のままの状態なのだが、

DSC_0156 (542x360)

12月にはいって、いくつかあがっていた蕾が、次々と開花した。

DSC_0167 (542x360)

DSC_0157 (542x360)

まだ若い花だろうと思っていたら、意外にも花弁ぎっしり・・・

DSC_0167 (542x360)

DSC_0168 (542x360)

年が明けて1月、、、冷え込んできたら、紅葉してきた。
庭のバラの中では一番の紅葉。

スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン(11月19日)

Souvenier de la Malmaison (B)

DSC_0404 (542x360)

アリスター・ステラ・グレイの足元で咲いている、薄ピンクの花。

DSC_0406 (542x360)

後ろ姿は、平凡だが、

DSC_0368 (542x360)

DSC_0367 (542x360)

DSC_0395 (542x360)

前に廻って見ると、やっぱり、花びらが薄紙のようだ。

紫燕飛舞(10月23日)

紫燕飛舞 (B)

DSC_0275 (542x360)

DSC_0284 (542x360)

DSC_0199 (542x360)

枝ばかり目立っていたバラも、気温が下がるにつれて葉が復活・・・
緑の中で咲いていると、一段と目を引くなぁと思う。
後方のグリーンローズ、手前の粉粧楼も咲き出している。
プロフィール

きゃらぼう

Author:きゃらぼう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR